「ほっ」と。キャンペーン

低空日記


魂だけでも空高く飛びたいものですが
by 茄子屋
人気ジャンル

近況

一年以上放置してしまいました。
その間、コンスタントにアクセスがあったのは意外でした。
障害者手帳はとれないものかと、検索された同病のかたがたの参考に少しはなったでしょうか。

股関節のほうも、完全に放置しております。
年に一回はレントゲン撮影のつもりにしていたのに、実際病院に行ったのは、診断の翌年だけ。
良くなることは絶対にないのですが、悪化してるかどうかも不明ですw
運動は二足歩行のみで過ごしております。よって、歩行のために必要な筋肉は維持している。それだけ。

ところで整形外科の疾患の特徴は、「死なない」ことです。
いくら悪くなっても、歩けなくなって車椅子になる程度で命をとられることは絶対にない。

ところが、このたび死に至る病を得てしまいました!
全員が何年以内に死ぬのではないのです。
が、早い人なら診断からものの一年で亡くなってますねえ。遠隔転移したらアウトです。
中には、初回の治療で完治となって普通に年をとる人もいます。
私がどっちなのかは、神様のみぞ知ること。

人工股関節の手術は60歳くらいまで待つのが理想的とされています。人工股関節の寿命が20年、寿命が80歳として、置換を避けるために。
そもそも今の状態が続くのなら、人工股関節のお世話になることはなさそうなのですが、私の寿命が60歳くらいで尽きてしまったら、そっちの心配をする必要がなくなるわけです。

それもイイかもなあ~
なんて暢気なことを考えている今日このごろです。
[PR]

# by futurisko | 2014-08-30 21:06 | 体調日記

思うところあって

病気についての記事以外はすべて非公開にしてしまいました。
暢気に出歩いている記事と、病気ネタ(どちらかというと、こちらがメインw)が
同居しているっていうのが、なんとも居心地わるい感じになってきたので。

病気関連で、まだ書いてないこともありますね。
また更新できるときは更新したいと思います。
[PR]

# by futurisko | 2013-09-07 19:58

風邪?

日曜日の夜、喉に痛みを覚えました。
土日は出歩いていたので、どこかでウィルスを拾った可能性は大。

2月に何日も仕事を休むような風邪をひいたというのに、また風邪か~

と思いきや、様子がいつもの風邪のようではありません。

鼻水が出ているのですが、チーンとティッシュでかんでも出てこない。
なのに、たまにツーっと勝手にたれてくる・・・

熱っぽくてダルいのだけど、食欲はあって
普通に動ける。

これまでに経験したことのない病状です。
風邪のようで、風邪ではないって気がする。
周囲にも、似たような症状の人がいますし、
ツイッターで見る限りでは、体調を崩しているひとが多いという印象。

寒暖の差が大きくて、ただでさえ病気になりやすい時期ではありますけど

やっぱり「低線量被爆」なのか?
医者が「これまで見たことのない症状」で片付けるのが、低線量被爆だそうですから。
疑っておきましょう。
[PR]

# by futurisko | 2012-04-13 19:50 | 体調日記

ブスコパン

なんだかもう体調がイマイチで、
「ゆっくり休みたいなぁ」と考えていたら、引き寄せました(笑)

ウィルス性胃腸炎

ノロウィルスの可能性高し。(なんで調べてくれないのかな?と思ったのですが、ぐぐったら、ノロかどうか調べるのは保険適用外だそう)

「ブスコパン」というイカした名前のお腹の頓服みたいなのを処方してくれました。
が、3回分では全然足りないよ!倍は処方してもらいたかったなり。

途上国でアタったりしたら、こういう思いをするのだろうな~
数分おきに襲ってくる激痛。ずっと痛いのではなくて、間隔があいてるというのはあたかも陣痛のごとく。
経験したことのない、ひきつれるような腹痛。
まだ完全には治まってません。
食中毒(細菌性胃腸炎)をやったときよりは、キツかったかも。

思い当たるのは日曜の夜に某回転寿司で食べた「ホッキ貝」・・・ちょうど潜伏期間24時間だし・・・
あのホッキ貝、すごく美味しかったんだけどねえぇ


今年の冬は、この曲を思い起こすようなお天気が多かったですねぇ


[PR]

# by futurisko | 2012-03-07 19:54 | 体調日記

ためして ガッカリ!

書店で「ご教訓カレンダー」をパラパラ見ました。
パロディは元ネタがわからないとどうしようもないですね・・・たまには買おうかしらと一瞬思ったのですが、元ネタがわからない作品が多くて・・・
そのなかで一番ウケたのが、今日のタイトル(笑)

ためしてガッカリではなくて
最近ためしてすごくヨカッタもの。

それは「布団の打ち直し」

嫁入りのときに買ってもらった綿の布団をずっと使ってました。
綿の布団というのは打ち直しをして使うものです。私の実家では、よくやってました。普段は仲の悪い嫁と姑が、このときだけは協力しあってね。

しかし、打ち直しのノウハウは受け継いでおらず、布団屋に頼めばよいのでしょうけど、うーん布団屋探して電話かけるのか。ちょっと面倒・・・で二十年以上打ち直しせずに使ってしまいました!

生協(加入しているのはパルシステム)でふとん仕立て直しのチラシがたまにはいっているので、今回頼んでみました。
やるのは6桁のコードをネット注文するときに打ち込むだけwこれはラクチン!ww

集荷用のビニール袋が送られてきて、宅配業者が決まった日時に取りに来てくれて、出来上がったら配達してくれる、っていうそれだけ。ラクチンw

ふかふかになって戻ってきた布団に・・・・泣けた(爆)
家じゅうの布団、全部やってもらうわ!
打ち直しの業者はこちら。

花嫁わた

パルシステムでは「匠仕上げ」というコースがあって、私はそれでやってもらってすんごくヨカッタのだけど、HPではないようです・・・
普通にやってもらっても、きっと満足するでしょうけど。

何より、ふかふかの布団で寝ると股関節の調子がよいの。前の煎餅布団のときは、朝起きるといきなり、歩きかたがヒョコヒョコしてたんだけど。

布団にお金をかけるというのは、実に有効なお金の使い方だと実感した次第。
[PR]

# by futurisko | 2011-12-25 09:36 | 変形性股関節症